別の疾患からの副産物だったM字に効く薬

別の疾患からの副産物だったんですよ。M字に効く薬と呼ばれているものの正体は。
AGA(男性型脱毛症)のM字はげの治療で使われる治療薬は、主にプロペシア錠とミノキシジルです。
どちらも、AGA専門クリニックや皮膚科などの医療機関で医師から処方される薬です。
プロペシアはフイナステリドが配合された内服薬で、厚生労働省が唯一認可しているAGA治療の内服薬となります。
男性ホルモンの生成を抑制する効果でで、抜け毛や薄毛を防いでくれます。
元々プロペシア錠は、前立腺がんなどの前立腺疾患に対する治療で使われていた薬だったのですが、服用されていた前立腺疾患の患者さんから抜け毛や薄毛が改善されたという情報が多かったことを受け、AGA治療薬として使われるようになりました。
言わば、プロペシアは意外にも、別の疾患の治療薬からの副産物だったのです。
抜け毛や薄毛を防ぐ目的のプロペシア錠と合わせて用いられるのが、発毛を促す効果のあるミノキシジルです。
主には外用薬(塗り薬)ですが、内服薬も存在します。
ミノキシジルは、市販の育毛剤にも使われていて、リアップX5プラスなどが代表的な商品となるでしょう。
頭皮の血行を促進することで、発毛や髪の成長を促してくれる効果が期待されます。
ミノキシジルもプロペシア錠同様、元々は違う疾患に対する治療薬でした。
血管を拡張することで、血圧を下げる降圧剤として使われていたものだったのです。
降圧剤の使用すると毛が多くなるという副作用を利用した、正に副産物だったのです。
抜け毛や薄毛を防いでくれる内服薬のプロペシアと、発毛や髪の成長を促してくれるミノキシジルを合わせることで、M字はげの治療に大きな効果が期待されます。